健康診断前日から当日の食事や水分の注意

年に1回は誰もが受けることになる健康診断は、前の日から当日まで、気を付けるべきことがあります。
健康診断の前日の食事は、午後22時までには終わらせて、それから当日までは絶食です。
当日の朝はのどを潤す水くらいは飲んでも、ジュースやコーヒーなども飲まないこと、飴をなめたりガムをかむのも控えます。
病院によっては、午後21時前には食事を終わらせるように指示を出すこともあるので、食事の時間確認は必要pです。
前日はアルコールの摂取は控えること、夜の最終的な食事時間前であっても、飲酒は控えます。
水分として飲むのは水のみであり、健康診断の2時間前までだったら、コップに1杯から2杯の水を飲んでも大丈夫です。
医薬品に関しては前日までは服用可ですが、当日は高血圧症や心臓病のみ服用可能であり、受付では医薬品服用を伝えます。
煙草を吸う習慣のある人は、前日までは喫煙可能ですが、当日の朝からは禁煙です。
午前の健康診断の場合は、食事は12時間前までには終わらせること、午後からの時には6時間前には終わらせます。

身体の節々から悲鳴が聞こえるが休む事が出来ない!そんなあなたに!

情報一覧

関連メニュー

赤ちゃんが初めて発熱をするのは、生後半年ほど経過したことであり、母親からもらった免疫機能も低下して、

赤ちゃんの発熱と病院へ行くべきかの基準

体調不良を感じるとすぐに医療機関を受診しで、病院でたくさんの処方箋をもらって安心しているとしたら、そ

すぐに病院よりも体内時計のリセットを

不調で病院を受診すると、医療機関でお決まりのようにアドバイスを受けるのは、食事と運動のことです。 ウォーキングを楽しく続けて健康管理に活かす

日本のがんの患者は増え続けていますが、治癒する確率が上がっているのも確かです。
開腹手術をせず

増えるがん患者と日本の医療の将来に関して

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

健康診断前日から当日の食事や水分の注意
医療